GMOによるビットコイン取引所「Z.comコイン」がサービス開始

   

5月31日、GMOのビットコイン取引所がサービスリリースしました。日本のいわゆる仮想通貨法が施行されてから、大手企業が参入した初のケースとなります。

Z.comコイン by GMO

実はGMOは施行前の3月にプレハブ的にスタートしていたため、経過措置で開始できたものと思われます。SBIとマネパはもう少し先になるでしょう。

正式名称は ゼットドットコム・コイン です。略してGMOコイン?

プランは2種類

提供されるサービスは、ウォレットと取引所売買で2つのプランが用意されています。bitFlyerに似てますね。

ビットコインを買う、売る場合には、もれなくフルアクセスプランとなります。

フルアクセスプランは、20歳以上で日本居住の人が対象です。また、本人確認書類画像の提出が必要になります。

売買は2 way 表示

取り扱う暗号通貨はビットコインのみです。今後もイーサリアム等のコインが追加される予定です。

そして売買の方式は、売値と買値の2つを表示するいわゆる2-Way表示となります。つまり「両替」です。

表示された価格で買うか売るか、大衆向けにシンプルなサービスですね。

気配値が並んだ板表示はFXで提供されます。レバレッジは5倍です。

GMOの今後に期待

ミニマムに始めた形になっていますが、Z.comコインの強みは何といってもGMOが母体であるということです。

国内有数のインターネット企業であるという健全性と、大企業ながらもエッジの効いた新サービスをGMOには期待したいですね。

Z.comコイン by GMO

 - お知らせ