WavesのPoS報酬をもらうためにライトクライアントでLPoSを設定する

   

WavesライトクライアントでのLPoSの手順を説明します。

Waves LPoSとは

Wavesは暗号通貨のうち、持っているだけで報酬を得られるPoS暗号通貨です。PoS報酬としてWavesだけでなく様々なトークンがもらえます。

  • Waves
  • WCT (Waves Community Token)
  • MRT (Miners Reward Token)
  • いろんなトークン

ただし、Wavesを持っているだけでは報酬はもらえず、リースする一手間が必要になります。NEMでいう委任ハーベストですね。

LPoSというのは Leased PoS の略です。

LPoSの手順

大まかな手順は2つで、取引所から自分のウォレットにWithdrawして、ウォレットでリースの操作をします。

ウォレット = Wavesライトクライアントのことです。

ウォレット作成とWaves入金まで

1. ブラウザでアクセス

ウェブブラウザでここにアクセスします。

https://waveswallet.io

WindowsやChromeアプリをインストールしても同じ手順でできます。

 https://wavesplatform.com/downloads.html

2. ウォレットを作成

NEW ACCOUNT をクリック

3. ユーザ名とパスワードを設定

今後このウォレットにログインするための情報を入力します。

  • WALLET SEED メモを大事に保管してください。
  • ADDRESS あなたの受け取りアドレスです。
  • NAME 好きなログインユーザ名を入力
  • PASSWORD 好きなパスワードを入力

4. 取引所からウォレットに送金

ログインすると最上部にウォレットアドレスがあります。取引所からここに送金します。

ここまででウォレット作成とデポジットが完了しました。

Wavesをリースする

1. リースボタンを押す

L っぽい形のボタンを押します。

2. リース先を設定する

Recipient にWavesノードのアドレスを入力します。

3P2HNUd5VUPLMQkJmctTPEeeHumiPN2GkTb (WavesGo)

こちらはリース先の一覧です。好きなところにリースすることができます。

http://dev.pywaves.org/generators/

3. リースするWavesを入力する

Amount にリースしたいWaves数を入力します。

4. 手数料はそのままでOK

リース開始時に手数料がかかります。残高から差し引かれます。

あとは LEASE ボタン、CONFIRM をクリックして完了です。

トランザクションの欄にリース開始したことが表示されます。

 

 

リースをキャンセルしたい時

出金したいときやリース先を変更したいときは、キャンセルもできます。

リース履歴から、右側のアイコンをクリックし、Cancel Leasing を押してキャンセルします。

報酬確認はスマホで

あとは放置しておけばPoS報酬が定期的にもらえます。

iPhoneやAndroidアプリで残高と報酬が確認できますので、PCを閉じて毎日を楽しみましょう。

 - 暗号通貨