仮想通貨ってみんなどうやって儲けているの?というのをシンプルにまとめてみる

      2017/08/06

仮想通貨が儲かるらしいというのは一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

実際に儲かるのかどうか、そしてみんながどうやって儲けているのかを、誰でもわかるようになぞっていきたいと思います。

仮想通貨は儲かるの?

実際のところどうかというと「儲かってる」が答えです。

こちらは、ビットコインが何ドルするかを、1年間で見たグラフです。

ちょうど1年前の6月1日、ビットコインは535ドルでした。

そして本日6月1日は2350ドルになっています。

2350 ÷ 535 = 約4.4

実に4.4倍です。

株や投資信託なら7%も出せれば優良と言われる中で、ビットコインを買った人は340%の利益を出しています

「買うだけで儲かる」というのは本当で、少なくとも日本で1万人以上が儲かっていると思います。

ビットコインで儲かった人

これが1つの答えになるのですが、ビットコインで儲かった人は何をしたか。

「ビットコインを買ってずっと持っていた」これだけです。

具体的な行動に落としてみるとこの流れです。

  1. 取引所に口座を作り
  2. 日本円を銀行振込して
  3. ビットコインを買った

その当時の取引所は、bitFlyer、Zaif、コインチェック の3つが大手です。どれかの取引所でビットコインを買ったんですね。

取引所の違いについては別の記事にまとめています。

国内3つの大手ビットコイン取引所を規模と手数料、サービスで比較

今からでも儲かるの?

仮想通貨に興味を持っている人が知りたいのはここではないでしょうか。

ただ、実際に仮想通貨で儲かっている人は、ビットコインだけで儲けているわけではないんですね。

それについては次の記事で紹介したいと思います。

仮想通貨ってみんなどうやって儲けているの?というのをシンプルにまとめてみる (アルトコイン編

仮想通貨について最低限のルール

その前に、もし仮想通貨を持ってみようと思ったら次のことを守りましょう。

「正しくは仮想通貨じゃなくて “暗号通貨” と言います」

英語でも cryptocurrency (暗号通貨)です。virtual とは言いません。

 - 暗号通貨