仮想通貨ってみんなどうやって儲けているの?というのをシンプルにまとめてみる (アルトコイン編

      2017/08/11

みんなが暗号通貨でどうやって儲けているのか、第1回では「ビットコインを買ってずっと持っていた」が1つの答えでした。

でもそれだけが答えではありません。実はそれよりも儲かっている人が存在します

ビットコインで4.4倍になっているのに、他のことでさらに儲かっている人がいるんですね。(羨ましい)

ビットコインじゃない暗号通貨

では何をして儲かっているのかというと、ビットコインじゃない暗号通貨を買ったのです。

耳慣れないかもしれませんが、代表的な暗号通貨がこちらです。

 イーサリアム(Ethereum)


 ネム(NEM)

リップル(Ripple)

これらの暗号通貨、ビットコインじゃない暗号通貨を “アルトコイン” と呼びます

ビットコインじゃない暗号通貨は、現在で1000種類くらいありますが、それがすべてアルトコインです。

上記の3つは、その中でもトップ3の超有名なアルトコインです。

アルトコインも買って持っていただけ

もう予想はついているかもしれませんが、ここで2つ目の答えになります。

暗号通貨でどうやって儲かっているかというと、

「アルトコインを買ってずっと持っていた」のです。

1つだけ買う人もいれば、いろんなアルトコインを少しずつ買う人もいて、どちらのパターンでももれなく儲かったんですね。

アルトコインも何倍にも、いえ、桁が違います

アルトコインを買って持っているだけでどうなったかというと、ビットコイン以上になりました。

なかなか見ごたえがありますので1つずつご覧ください。

 ※ 2016/6/1〜2017/6/1の期間です。

 イーサリアム

$14 → $228 16.3倍

 ネム

$0.008 → $0.2 25倍

 

 リップル

$0.0057 → $0.26 45倍

億を稼ぐ人が続出しました

10万円ぶん買って持っているだけで、数百万円になります。

これに300万〜1000万円を買い込んだ人が億を稼いだことになりますが、知りうる限りでは日本で300人以上の億プレイヤーが誕生しています。

コインチェック では代表的なアルトコインを扱っていましたので、そこで買った人が勝者になったんですね。

さらにその先へ

この旨みを感じたプレイヤーはさらにその先へ進みます。

いわゆる「暗号通貨の人たち」がいる場所がそこなのです。

ビットコインで儲けた人はさらに稼ぐために海外へ

 - 暗号通貨