海外プリペイドサービス一覧、PayPal、ネッテラー、Skrillからマネパカードまで

      2016/04/05

外貨で貯めて海外で使えるプリペイドカードについてまとめました。この2つのサービスがあるものが対象です。

ドル、ユーロ、ポンドなど外貨を貯められる口座を持てる

 海外で外貨を使える(AMTで引き出したり、デビットカードのように支払いに使える)

海外プリペイド口座

世界中で使われているサービスの中でも代表的なサービスがこの3つです。

NETELLER(ネッテラー)

netplus-card_226
英国発のオンライン決済サービスです。もともと電子マネーを扱う会社で、現金での出金や、オンラインショップで利用できるようになった現在では、外貨口座のような形で世界中で利用できるサービスになりました。

20以上の通貨から1つを選んで口座を持つことができます。複数の通貨を同時に保有することはできません。

Net+カードを無料で発行できます。マスターカードと提携しており、世界中にある200万台以上のATMで引き出したり、マスターカードが利用可能なお店での支払いに使うことができます。

公式サイト:NETELLER

Skrill(スクリル)

skrill-mastercard_226

こちらも英国のオンライン決済サービスです。旧名がMoney Bookersといい、主に海外のオンラインカジノやブックメーカーで使われていましたが、現在では様々なオンラインサービスで使われています。

ウェブサイトは英語のみのため、ある程度の知識がある方にオススメします。

公式サイト:Skrill

PayPal

paypal-prepaid-mastercard_226

米国のオンライン決済サービスです。オークションサイト「eBay」の決済サービスとして始まり、現在はeBayから独立して個人間送金やモバイルPOSなどのサービス展開をしています。

現在日本では、個人間送金のサービスは使えません。また、送金を受け取るにはプレミアアカウントが必要です。

公式サイト:PayPal

国内プリペイド口座

外貨を持つのは海外のサービスに限ったことではありません。国内でも外貨保有のサービスがあります。

マネパカード

manepa-card_226

国内FXのマネーパートナーズが発行する海外専用プリペイドカードです。

ドル、ユーロ、ポンド、豪ドル、シンガポールドルの5つの外貨を入金することができます。マスターカードと提携しており、世界200か国で200万台以上の海外ATMで引き出すことができます。

最大の特徴は手数料の安さです。円から外貨への両替手数料がダントツに安いのがマネパカードです。銀行両替や他社サービスと比べて90%ほど安くなるケースもあります。

公式サイト:マネパカード

キャッシュパスポート

cash-passport-card_226

空港でよく見かける外貨両替のトラベレックスが発行するカードです。海外旅行や海外留学、海外出張などの用途で発行されています。審査なしで無料発行できます。

使った分だけTポイントが貯まるおまけ付き。出張に便利な一枚と言えます。

Tポイントが貯まる「Tポイント付きキャッシュパスポート」

ネオマネー

neomoney-card_226

セゾンが発行する海外専用プリペイドカードです。世界30カ国以上の通貨に対応し、対応通貨数としては最も多いカードと言えます。

主要通貨だけでなく、マイナー通貨まで為替手数料は一律5%のため、どの国に行くにも安心して利用出来るプリペイドカードです。

公式サイト:NEOMONEY(ネオマネー)

 - 海外プリペイド