【Circle Pay】iMessageでビットコインを送れるようになりました

      2017/02/08

iOS10からiMessageでビットコインを送れるようになりました。

iOS10ではiMessageの中で他のアプリを利用することができます。CircleをiPhoneにインストールしている人は、自分のビットコインを友達に送ることができます。

Circleとは

Circleはビットコインウォレットです。ビットコインを送ったり受け取ったりすることができます。詳しくはこちらを参照。

 ビットコインウォレットで有望視される Circle 、ファッショナブルな支払いが鍵

iMessageでアプリを選択

iMessageのアプリボタンを押すと、Circleのアイコンが現れます。初めて使うときは+ボタンでApp Storeから追加しましょう。

imessage-support-circle-pay-1

ビットコインは通貨換算される

送りたい金額を指定します。何ビットコインかではなく、何ドルかで指定できるのが新しい。

指定した金額は、ビットコインだと何BTCになるか表示されます。

imessage-support-circle-pay-2

ユーロとポンドでも換算可能

使える換算通貨はドルだけではありません。

「USD ▼」のボタンを押すと、他の通貨も選択できます。いまはドル以外に、ユーロ、ポンド、ビットコインが選べるようです。

imessage-support-circle-pay-3

Circleの残高はフルビューで確認

画面右下にある マークを押せば、フルビューの電卓モードが現れます。

自分のウォレット残高は、Circle Balance - xxxx BTC というふうに確認できます。

imessage-support-circle-pay-4

会話するように支払える

こうして iMessageで会話しながらお金を払えるになります。

Circleはデビットカードと連携できます(日本は未対応)ので、いつでもビットコインの形で補充して、友達にお金を払ったり、友達からお金を受け取ったりできます。

imessage-support-circle-pay-5

実際にiMessageでお金を送るムービーがこちらで見られます。

お金を受け取る側は

お金を送る側はCircleで送れますが、受け取る側はどうかというと、Circleをインストールしてウォレットに持つもよし、指定の銀行カードに払い出すもよし。

これまでビットコインには馴染みがなかった人も、これをきっかけにウォレットを持つようになるかもしれません。

Circle Payの口座作成は無料で、iPhoneアプリ、Androidアプリ、そしてウェブからも登録可能です。

 Circle Pay 公式サイト

 あくまでビットコインとして持ちますので、ウォレット内でのドル、ユーロ、ポンド換算の時価は変動します。

 - お知らせ, 暗号通貨