CardanoとCardano Laboの関係について

   

Cardano Laboが「なぜCardanoの名前を使っているのか」「Cardanoとどう言う関係なのか」気になる人も多いようです。

これについて、Emurgo CEOの児玉氏がRedditでコメントしていますのでまとめました。

Cardano Labo について

Cardano Laboはベトナム発のブロックチェーン企業で、複数通貨ウォレットの Alta Wallet を提供しています。

Cardanoの名前を使っていたのは、その発足当時、Cardanoプロジェクトを早期に知り、そのビジョンに感銘を受けた日本のビジネスマンが始めたプロジェクトだからです。

Cardanoのコンピューテーションレイヤーが完成したら、そのブロックチェーン上でアプリを構築してソリューションを提供したいと言う思いがあったようです。

資本関係や業務提携といった関係にはなかったそうです。

現在のCardano Labo

Cardano Laboは現在、Infinity Blockchain Labs と言う社名に変わり、Cardanoブロックチェーンとは関係ない動きをしています。

これはCardanoの開発が遅れたことで舵切りをしたことが理由のようです。

開発を待てなかったCardano Laboは、他のプロトコルを使用して Infinity Blockchain Labs に社名を変更し、マルチプラットフォームのアプリ開発を進めることになりました。

結果として、ベトナムのブロックチェーンコミュニティの主要プレーヤーになったと言うことです。

今後のCardanoとの関わり

Cardano は2017年9月にメインネットをローンチ。そしてコンピューテーションレイヤーのベータ版は2018年第1四半期のリリースを予定しています。

この実装が近づいたいま、Emurgo社(Cardanoのマーケティング及びアプリ提供)は Infinity Blockchain Labs と接触し、CardanoのDAppsとスマートコントラクトの開発に参加する企業をして、コラボレーションの可能性を模索しています。

原文はこちらを参照ください。

Full disclosure on the Cardano Labo affiliation? Why did all activity there stop on sept 2016, and the current Cardano project start?

 - Cardano, 暗号通貨