ビットコインをチャージ可能な2つのプリペイドカードを比較

      2017/04/29

ビットコインをVISA, MasterCard加盟店で使えるプリペイドカード、国内では2つのカードがあります。

2つのカードの特徴と手数料などの違いを比較したいと思います。

マネパカードとバンドルカード

その2つのビットコインをチャージ可能なプリペイドカードは、マネパカードバンドルカードです。

それぞれMasterCard、VISAカードとして使えますので、どちらも加盟店やコンビニの支払いで使えます。

 マネパカードバンドルカード
券面
ブランドMasterCardVISA
ビットコイン入金Zaif からチャージcoincheck からチャージ
チャージ手数料無料無料

ビットコインをZaifで持つか、coincheckで持つか、どちらの取引所が好きかで選ぶのもありでしょう。

国内3つの大手ビットコイン取引所を規模と手数料、サービスで比較

カード発行と保持のしやすさ

発行手数料と口座維持手数料が無料というのがマネパカードの魅力です。しばらく使い忘れても残高が減らないという安心感があります。

 マネパカードバンドルカード
カード発行手数料無料300円
維持管理手数料なし12ヶ月未利用で30日毎100円
チャージのしやすさZaif のWebページからチャージバンドルカードのアプリからチャージ
残高照会マネパカードのWebページで照会

一方でバンドルカードは、スマホアプリ(iOS, Android)がありチャージと残高照会がしやすいのが魅力ですね。

チャージ限度額の大きな違い

2つのカードでチャージ上限額が大きく異なります。バンドルカードはライトユース向け、大きめの金額を扱うならマネパカードと、使い方が分かれそうです。

 マネパカードバンドルカード
入金限度額1日100万
月間200万
月間12万円
5年で100万
出金限度額1回30万
1日100万
なし
残高上限なし10万円

繰り返しチャージして使うことを考えると、マネパカードは上限を気にせず使える安心感があります。

海外で使うならマネパカード

バンドルカードは国内の店舗と、海外はオンラインのみでの利用となります。海外でATMで現金を引き出したり、海外の店舗で支払いをするならマネパカード 一択です。

 マネパカードバンドルカード
対応通貨6通貨日本円
海外ATM手数料約200円/回利用不可
海外利用手数料約0.7%4.5%(オンラインのみ)

ビットコインでのチャージは、どちらも日本円に換算されてチャージされますが、マネパカードはその日本円を米ドルやユーロに両替して海外で使うこともできます。

詳しくは公式ホームページへ

Zaif公式サイト

マネパカード公式サイト

coincheck公式サイト

バンドルカード公式サイト

 - 暗号通貨