国内3つの大手ビットコイン取引所を規模と手数料、サービスで比較

      2017/04/30

国内で大手といえる3つのビットコイン取引所を、企業規模や手数料、サービス内容で比較したいと思います。比較対象はこちらの3つです。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Coincheck(コインチェック)
  • Zaif(ザイフ)

3社の特徴についてはこちらを参考にしてください。

企業規模はダントツのbitFlyer

ビットコインを取引するうえで最も重要なのが信頼性です。

 bitFlyerCoincheckZaif
bitflyer-logo-100zaif-logo-100
運営企業株式会社bitFlyerコインチェック株式会社テックビューロ株式会社
資本金41億238万円9200万円8億3013万円

資本金だけでもダントツですが、bitFlyer はさらにリクルートや三菱UFJなどの大手からの出資というバックの面々も安心感を与えてくれます。

取扱い通貨とiPhone/Androidアプリ対応

取引所ではビットコイン以外の仮想通貨も取り扱っています。bitFlyer と Coincheck は価格が高騰してニュースになったEthereumを、Zaif は日本発の暗号通貨モナコインにも交換することができます。

 bitFlyerCoincheckZaif
取扱いコインBitcoin
Ethereum
Litecoin
Bitcoin
Ethereum
Ripple
ほか9種類
Bitcoin
モナコイン
XEM
iPhone/Androidアプリ-
アプリの使いやすさ-

アプリで入金/出金、ビットコインの売買ができるのはbitFlyerとCoincheckです。アプリの使いやすさで選ぶならダントツでコインチェックをお勧めします。

手数料はいまは比較が難しいかも

3社とも口座開設と口座維持は無料です。売買手数料や送金手数料も10円単位ですので、ほぼ無料といってもいいくらいです。

 bitFlyerCoincheckZaif
新規口座開設無料無料無料
口座維持費無料無料無料
日本円入金無料無料無料
日本円出金216円〜400円350円〜
Bitcoin売買手数料0.15%Taker -0.1〜0.15%
Maker -0.15〜0%
0%
Bitcoin送金手数料0.0005 BTC0.0005 BTC0.0005 BTC

今後は手数料体系が変わってくる可能性もありますが、いまは手数料ではさほど大きな差はないと言えます。

ウォレットとクレジットカード入金対応

取引所でビットコインに交換したら、ウォレットでビットコインを保有することになります。送金や着金の機能で言えば3社のいずれも変わりません。

また、ドルでの銀行振込に対応しているのは唯一 Coincheck のみで、サービスの幅広さを感じます。

 bitFlyerCoincheckZaif
ウォレット機能-
クレジットカード入金VISA
MasterCard
VISA
MasterCard
JCB
VISA
MasterCard
ドルでの入金--

クレジットカード入金でビットコインを買えるのは3社とも共通。ビットコインを買ってマイルも貯まるので、陸マイラーにはお得なサービスと言えそうです。

 - 暗号通貨