NETELLER口座を停止、凍結されてしまった場合の対処法

      2016/09/11

口座が閉鎖、凍結されるケース

NETELLERでは以下の4つのケースで口座が閉鎖、停止されます。口座を閉鎖、停止する際には、Eメールまたは手紙にてお客様に通知されます。

  • 口座が38か月以上休眠状態にある場合
  • 利用規約に違反した場合
  • NETELLERが口座凍結する必要があると判断した場合
  • お客様が口座の閉鎖をリクエストした場合

口座が38か月以上休眠状態にある場合

入金や取引のない状態で14か月が経過すると休眠口座となります。その状態でさらに24か月間取引がない場合、口座が閉鎖されログインができなくなります。

カスタマー サービスセンターに連絡すると、資金の返還を要求できます。

 口座が閉鎖されて6年が経過すると、無請求のままの残高は失効し、権利を失います。

利用規約に違反した場合

例えば、口座限度額を超過し、60日以内に口座残高が口座限度額内に戻らない場合、利用規約に則り、口座が使用停止されます。

また、同一住所で複数名義の口座を作成した場合や、オンラインカジノのボーナスを悪用して出金依頼した時に、凍結される場合があります。

 閉鎖ではなく使用停止ですので、限度額の範囲内に戻す、あるいはカスタマーサポートに連絡することで利用再開できます。

NETELLERが口座凍結する必要があると判断した場合

以下の理由でNETELLER社が口座凍結する場合があります。

  • 口座が不正利用されていると判断した場合
  • 詐欺、金融犯罪や違法行為に使用された場合
  • マネーロンダリングの疑いがある場合

また正常な取引であったとしても、それと類似する操作がある場合には口座凍結される可能性があります。

  • サインインが禁止されている国で利用した場合
  • 同一IPアドレスで異なる口座の利用がある場合
  • オンラインカジノの入出金でトラブルが生じた場合
  • 口座認証に何度も失敗した場合

これに該当すると思われる場合は、カスタマーサービスセンターにお問い合わせください。

お客様が口座の閉鎖をリクエストした場合

お客様には口座を閉鎖する権利があります。カスタマーサービス センターで解約通知を受け取り次第、口座は閉鎖されます。

カスタマーサービスセンター窓口

口座にログインできない、または、凍結の通知があった場合には、NETELLERカスタマーサービスセンターにお問い合わせください。

日本の受付窓口

 03-5050-5422

 Eメールサポート

その他の国のカスタマーサービスセンター窓口はこちらをご覧ください。

 サポート - NETELLER

 - Neteller利用ガイド